内定者&社員に徹底調査!MS&ADシステムズってどんな会社?

RESEARCH内定者&社員に徹底調査!
MS&ADシステムズって
どんな会社?

SPECIAL
CONTENTS

内定者先輩社員に対して、
MS&ADシステムズの

イメージ調査を実施しました。
内定者先輩社員
MS&ADシステムズを
どう思っているか、
とことん分析します!

Q1.企業選びで重視した点は
なんですか?

Q2.ズバリ、その中で
MS&ADシステムズに
入社を決めたのは
なぜですか。

もっと詳しく教えてください!

voice01

「将来像を最も描きやすかったから」です。MS&ADシステムズの選考はたくさんの社員の方とお話する機会があります。将来自分も経験するであろうライフイベントを経験した先輩社員のお話をいくつも聞けたため、安心してキャリアを積むことが出来ると考え、入社を決めました。

voice02

インターンシップや座談会、面接を通して多くの社員の方々と関わりました。学生の質問に真剣に答えてくれましたし、周りの社員の方々との信頼関係についてのお話などから社員の皆さんの温かさに触れ、このような方々と一緒に働きたいと思いました。

voice03

バリバリ働いてたくさん給料をもらうのも魅力的ですが、私の性格を鑑みると着実にのびのびと成長できるほうが合っていると感じたからです。MS&ADシステムズには穏やかな人が多いと聞いたので、安心して入社できると思いました。

voice04

社員の雰囲気です。様々な方と接するなかで全員に共通していたことは、人の話をまずは受け止めてくれたことでした。自分が考えたことや思ったことを受け止めていただき、こちらも相手のことを受け止める。互いの意見を受け止め合うことで信頼関係の構築につながり、気持ち良く仕事ができる環境だと思いました。

voice05

最終面接前の座談会で会社の良いところも悪いところも沢山教えていただき、学生に対して真摯な姿勢を持つ会社であると感じたことと、人財育成に力を入れていることが伝わったため、ここでなら成長できると思い、入社を決めました。

voice06

安定しているだけではなくて、さらに挑戦をしようとしている社風です。就職活動中に社員の方と接する中でMS&ADシステムズで働くことにどんどん憧れを抱くようになりました。

Q3.MS&ADシステムズを
志望した
理由は
なんですか?

voice01

損害保険システムの開発に携わり、この先災害が起きた時に人々が保険を利用しやすい仕組みを作ることで、自身が東日本大震災で経験した「先の見えない不安」を和らげ、多くの人々に安心を提供することができると考えたことが志望理由の一つです。

voice02

人と環境です。面接やOB訪問を通じて、どの会社よりも「人の温かさ」を感じました。また、男性社員が多いIT業界の中でも、MS&ADシステムズは女性社員が多く活躍しており、働きやすい環境があると考えました。

voice03

国内有数の保険金融グループであるMS&ADグループのシステムを作り出すという社会貢献度の高さと、業界の進歩に自分が前線で関わることができる点です。

voice04

お客さまであるMS&ADグループの保険事業会社に近い立場でシステム構築ができる点に魅力を感じ、志望しました。お客さまとMS&ADシステムズとの関係は、発注側と開発側というよりも良き「ビジネスパートナー」だと聞き、私もお客さまと信頼関係を築き、一番のパートナーになりたいと思いました。

voice05

真に事業会社と対等な立ち位置で高品質なサービスを届け、縁の下の力持ちのような存在であらゆる人を支えることができるため。説明会で事業会社と対等に話し合い、言うべきことをきちんと伝えている動画を拝見し、自分自身も言うべきことはきちんと言ってきたため、自分に合っている会社の雰囲気だと思ったからです。

voice06

仲間と一つの目標に向かって協力することが好きで、この業界はチームで協力して課題を解決し、より良いシステムを作り上げる点が魅力でした。その中でもMS&ADシステムズの社員の方々は人柄が良く、一緒に働くことを思い描けたので志望しました。

Q4.MS&ADシステムズ
の選考の
印象は
いかがでしたか?

  • voice01

    面接官の方の雰囲気が良かったです。逆質問にも具体的に、ご経験や価値観も交えて一つひとつ丁寧に分かりやすく答えていただけたことが印象的でした。また、選考を通じて様々な社員の方々のお話を聞く機会があり、安心感がありました。

  • voice02

    早めに内定をいただいていたのですが、まだ就職活動を続けたいという私の意思を優先して対応してくださったので、誠実な印象を受けました。

  • voice03

    面接官の雰囲気が他社に比べて圧倒的に良かったことです。自分が言葉に詰まってしまった時も「つまり○○っていうことだよね」「一回落ち着いて話してみよう」と言われたことは、他の企業にはない面接官の優しさを感じ、印象的でした。

  • voice04

    自分の思っていること、考えていることを受け止め、人となりを知ろうとしていることが伝わる面接でした。そのため、私も「少しでも良いことを言おう、アピールしよう」という気持ちではなく、「自分とはこういう人です」といった素をさらけ出すことができたと思っています。

  • voice05

    自己PRや学生時代に力を入れたことなどを話した際に、私が話の中で詳しく説明できなかった点について面接官の方がしっかりと話を汲み取ってくださったことで、学生一人ひとりに対する尊重の気持ちが伝わりました

  • voice06

    全ての選考において穏やかな空気を作っていただきました。こちらの回答を遮ることなく、一通り聞いた後で質問やフォローをしてくれたことが嬉しかったです。二次面接では雑談も多く、人柄や価値観を見てくれていると感じました

Q5.面接で特にPRした
ことは
なんですか?

voice01

小学生の頃から野球をしていたので「集団での行動」を、またリーダーの立場のになることが多かったため「リーダーシップ」をPRしました。多くの人が出来るわけではないので、非常に興味を持っていただけたと思います。

voice02

一貫して伝えたのは、自分が常に行動し続ける人間であることです。面接では自己PRやガクチカなどいくつかのエピソードを深掘りされましたが、一貫して「まずは行動してみよう」という自分の信念を伝えるようにしていました。

voice03

主に2つです。1つ目は主体性を持って行動できること、2つ目は継続して努力が出来ることです。知り合いのSEの方に、「SEという職業は一生勉強の仕事である」と、教えていただいたことがあったため、それが可能である人物であることを伝えられるように意識しました。

voice04

部活動において、縁の下の力持ちとして活動した経験をお話ししました。IT企業はチームで働くことが多いため、自身がチームにおいてどのような行動をとれる人物なのかをアピールしました。

voice05

向上心やチャレンジ精神です。わたしは学生生活の中で、オーストラリアへの個人留学やサークル長などの経験をしたので、その経験談を裏付けつつ、向上心やチャレンジ精神をPRしました。

voice06

「価値観の異なる人とも上手く折り合いをつけ、円滑な人間関係を築けること」です。どんな人にも壁を作らず前向きに働きかけ、社内外からの信頼を得ることで成果に繋げたい、と自己PRしました。

Q6.MS&ADシステムズ
で実現したいこと、
やりたいことはなんですか?

  • voice01

    世の中にとって「なくてはならない」を作りたいです。保険は普段の生活に密着しています。MS&ADシステムズはその保険を支えるシステムを構築し、メンテナンスを行います。私も、利用者にとって「なくてはならない」システムを構築したいと考えています。

  • voice02

    「お客さまに寄り添った使いやすいシステムを提供する」という目標を実現するために、保険知識とIT知識、そして進化する技術を学び続けることです。その中で自分の強みを見つけ、社内外で活躍できる存在になりたいと考えています。

  • voice03

    要件定義が得意なSEになることが目標です。そのために、若手のうちに技術力と保険知識を鍛え、同期で一番早く先輩社員の方に追い付くという姿勢を持って成長していきます。

  • voice04

    損害保険における事故受付・支払処理システムに携わることです。自身の東日本大震災の経験から、このシステムの重要性を実感しました。将来的にこのシステムに携わることで、「多くの人に役立てている」という実感を持って働きたいです。

  • voice05

    実現したいことは、お客さまに最適なシステムを提供することで、人々の挑戦をサポートする保険商品やサービスが充実し、より新しいことに挑戦できる世の中を作ることです。そのために、既存のものを尊重しながらも新たな角度で物事を考えられるよう、日々学び続けたいです。

  • voice06

    一緒に働く社員の方にとっても、システムを利用する方にとっても必要とされ、一緒に働きたいと思っていただけるような人財になりたいと思います。英語力を活かした仕事にも興味があります。

  • voice07

    最先端のIT技術を活かした、新しい保険商品に携わることです。そのために、積極的に勉強会などに参加してITと保険の両方の知識を身につけたいと考えています。また、知識をつけることでお客さまの悩みに最適なシステムを提案できるような人財を目指したいです。

  • voice08

    はじめのうちは多くのことを学び、専門的なスキルをたくさん身に付けたいです。その後は自分のことだけでなく後輩の教育にも力を入れられるようになり、いずれはプロジェクトマネージャーとなり保険事業会社やお客さまからの要望以上の付加価値を提供できるようになりたいです。

Q7.最後に、就活生に
アドバイスを
お願いします!

  • voice01

    新卒採用は人生に一度なので、自己分析をしっかりして自分のやりたいこと・合ったことを見つけましょう!そうすれば後悔なく就活できると思います。頑張ってください!

  • voice02

    人にはそれぞれ、必ず魅力的な部分があります。自分の魅力を信じて突き進んでください

  • voice03

    焦りと不安でマイナス思考になってしまうこともあると思いますが、自信をもって前向きに頑張ってください!

  • voice04

    オンライン面接では自分の表情が対面と比べて暗く映ってしまうので、なるべく明るい表情でいることをおすすめします!

  • voice05

    自分の軸に合う会社を見つけることが大切だと思います!自分の思い描く将来に向かって、体には気をつけて頑張ってください!

  • voice06

    オンライン面接では画面内でしか「自分」を伝えることができません。①一問一答ではなく、面接官と会話形式で話す表情を豊かにする大きいリアクションを取るなどの工夫をしてみてください!

  • voice07

    オンライン選考では会社に足を運ぶ機会が少なく、雰囲気をつかむことが難しいと思います。私は座談会などのイベントにはできるだけ参加し、多くの社員の方とお話しすることを心がけました!

  • voice08

    就活は自分を見つめなおす良い機会です。自分ができる事とやりたい事をよく考えれば、良い会社に巡り合えると思います。
    頑張ってください!

  • voice09

    自分を良く知り、それを伝える練習が大切です。焦りや不安があると思いますが、息抜きをしつつ自分に合った会社を見つけて欲しいです。